• ホーム
  • ヘルペスの種類と感染時の処置や予防手段

ヘルペスの種類と感染時の処置や予防手段

困る男性

ヘルペスは自分で発症してしまうこともありますが、他の人から移されることも多い病気です。
しかし予防は簡単にできます。

一番大事なのは、ヘルペスを発症している人の患部には絶対に触らない事です。
ヘルペスに限らない事ですが触ることにより指に菌が付着してしまいます。
それが自分の口や陰部に付着しますと体調が悪ければ発症します。

また、不特定多数の人とコップやグラスを共有するのも避けましょう。
酒の席では一つのグラスで回し飲みをすることがありますが、もしもその中に1人ヘルペスかかっている人がいれば自分も感染するリスクがあります。
どうしても断れない場合には誰も口を付けていない場所で飲むようにしましょう。
タオルなども共有すると感染する可能性がありますので誰が使ったかわからないタオルは使わないようにしましょう。
家族でも手をふくタオルを共通に使うときには一回一回交換するのがいいでしょう。

性器に出来るヘルペスは、性器クラミジアや淋病に次いで感染者の多い性病ですが、性病であるが故に他人には聞きづらいものです。
感染者は多くても、いったいどんな病気であるのか実はよく知らないといった方も少なくないようです。
性器ヘルペスの病原体である単純ヘルペスウイルス(HSV)は、体内の神経節に潜伏する性質をもっているため、現在の治療薬では、すべてのウイルスを体内から完全に消滅させることは難しいと言われています。
それでも再発を防ぐためにはバルトレックスなどの治療薬を服用し続け、しっかりと治療をするということが大切です。

ヘルペスは早期の治療開始と確実に薬を飲みきり治療しきるということが大切ですから、何度も再発しているという方は事前に治療薬を購入しておくのも良いでしょう。
バルトレックスを買うなら通販が便利で、通販では価格も病院処方よりも安く購入が可能なので、事前に治療薬を準備するにも最適です。

性器ヘルペスの感染予防手段として絶大な効力を出すのはコンドームです。
性行為によってもヘルペスに感染しますので性器にぶつぶつができている場合には必ず付けましょう。
出来ていなくても菌を保有している人と性行為をしますと伝染してしまいますので思わぬ感染を防ぐためには大事なことです。
不特定多数の人と性交をするのも危険ですし、たった一人が相手でもその人が不特定多数の人と性交をしていればかなり危険です。
軽はずみな性交をしないのも予防手段です。

普段から体力をつけるような生活をすることも大事でしょう、疲れやストレスをためるとヘルペスに感染しやすくなるので疲れている時は無理をせず休みましょう。

関連記事